2006年03月06日

サバイバル・デス・マッチ(3月5日)

参入戦2日目。
準決勝の相手は高西クラッシャーズ。
前評判では、かなりチームが熟成されていて最も関東に近いチームと言われていたチームだ。
かなり緊張した状態で試合に臨んだ。
仲間も自分も含め、殺伐とした雰囲気だった。
絶対に関東へ残留するんだと意気込み、応援した。
試合は攻めの高西、守りのGALOといったところだった。
GALOは集中が途切れる事なく、高西に決定的な場面をほとんど作らせなかった。
とにかく慎重な試合展開だった。
結局、スコアレスドローでPK戦へ。
PKは陣取った逆のゴールを使用する事になったので、逆サイドに移動してサポートした。
ここでミラクルが起こった!
トルシーダの皆は必死にGALOの選手をサポートし、相手に脅威を与えた。
その影響もあり?、ゴレイロが3本も相手のシュートを防ぎ、凄まじい勝利をした。
これで決勝に進出。

決勝の相手はセニョール。
この試合を勝てば、関東リーグ残留は決まる。
今までにない100%以上の力で応援した。
声を出して、跳ねて、手を叩いて、手を振って、旗を振り、最大限に出来る事をやった。
全てはこの試合で来シーズンの運命は決まるから。
試合はGALOが支配し、セニョールが守るって感じだった。
相手は守備を固めカウンター狙い。
試合はなかなか動かなかったが、後半に入りGALOが先制。
その後2点を許し、残り6分から立て続けに2点入れて逆転した。
しかし、残り3分に相手に同点打をやられ、緊張感が増す。
残り5秒から、まさかの展開になってしまった。
相手のコーナーからのシュートは壁に当たり、キックインに。
この時、すでに残り時間は3秒とかだった。
ここで勝利の神様はセニョールに微笑んだ。
相手のシュートは誰かに当たって入った感じだった。。。
再逆転を許し、残り1秒。。。
何ともいえない空気だった。
キックオフし、シュートしたが無情にもタイムアップの音。
ピーって音が物凄く長く感じた。
声は出せず、ただボーっと立ってる事しか出来なかった。
仲間はみんな、落胆して泣いている様子だった。
俺も手に持っていた旗は、いつの間にか手からこぼれ落ちていたし。。。
選手が挨拶に来た時はコールしたけど、その後はまた時間が止まったような空気だった。
幕も重い空気のまま片付け、閉まっていった。


今日の気持ちを前面に出した戦いは応援していて最高だったよ!
心から気持ちが伝わってきたし、勝たせてやりたくて仕方なかったよ。
ただ神様は微笑まなかったけど、俺たちは選手と一丸となり戦えた。

やれば出来るんだよ。
俺は、その「気持ち」が大好きだ。
気持ちで負けないハングリーな精神で戦うGALO魂を、これからも続けてほしい。
この悔しい思いを忘れずに来期は戦い、必ず関東に戻ろう。
来期は、東京都1部リーグに所属になる訳だ。
どんなリーグだろうと相手に合わせず、自分たちの戦いをしてあの晴れ舞台に戻ろうぜ!
大好きだGALO。
いつまでも愛してる。


DSC01952.JPG
posted by トーテムポール at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | GALO☆ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。